コレステロールの働き

2009年7月30日 02:16 | コメント(0) | トラックバック(0)

コレステロールが高めの方の食生活の改善に役立ちますコレチェS 3個セット

 

コレステロールには多くの働きがあることが判明しています。
コレステロールは主に肝臓で作られ、人間の細胞膜の成分であり、動物の体を維持するには重要です。
細胞膜の柔軟性を保って安定させる役目を持っていて、その為か、コレステロール値が下がりすぎると血管が破裂しやすくなると言われています。
コレステロールは、我々の体のあらゆる組織にあり、肝臓・脊髄・脳といった臓器に大量に含まれます。また、コレステロールは胆汁の生成にも深い関連があって、脂肪の消化を助ける作用を持つ胆汁の前物質である胆汁酸は、コレステロールが原料となっています。
それから、コレステロールが元となって作られるものにはホルモンもあります。副腎皮質ホルモンのコルチゾール、性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンが作られる際に必要な成分とされます。
他には、コレステロールはビタミンA、D、Eなどに代表される脂溶性ビタミンの代謝にも作用しており、体が正常な機能を維持する為に重視されています。
コレステロールのこの働きが分かる前は、とかく健康被害の面ばかりがクローズ・アップされていましたが、詳しい働きが解明されてからは、健康診断などでもコレステロールの基準値を守るよう指導されるようになりました。

 

 探せばある色々なアルバイト  世界の有名ブランド
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

コレステロールを下げる調理法
コレステロール値の変化は時間が掛かるものですし、ダイエットを急激に行うのは体への負担が大きいので、ゆっくり確実に効果が現れるようにしたいものです。
コレステロールと野菜
コレステロールを下げる野菜には、多価不飽和脂肪酸も含まれます。多価不飽和脂肪酸は肝臓のコレステロール分解を促進してくれるので、野菜を食べると作用が強まるでしょう。
コレステロールと大豆
コレステロールを下げる効果があると言われるのは、コレステロールを減らし、動脈硬化予防の働きが持つ不飽和脂肪酸が豊富である為です。
コレステロールと青魚
コレステロール減少の為には、週3回ほど食べると良く、しかも、新鮮であるほど高い効果が期待できるので、購入する際には獲れたての物を選びましょう。
コレステロールと長生きの関係
コレステロールは動物にとっては細胞膜やホルモンなどの原料となる生命活動に欠かせない物質であるので、少ないというのは死亡率に影響を与える要因なのかもしれません。
善玉コレステロールとは
コレステロールにはいくつかのタイプがあり、大きく分けると2つのタイプに分かれます。 その2つとは、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)で、ここでは善玉コレステロールについて述べてみましょう。
悪玉コレステロールとは
ここでポイントとなるのが悪玉善玉コレステロールの働きです。コレステロール補給に大切な役目を持った悪玉コレステロールは、コレステロールを善玉コレステロール(HDL)のように回収する働きはなく、体内に過剰に増えると血管に溜まったり、酸化した状態になることで、結果、生活習慣病にとって注意すべき疾病の動脈硬化を引き起こします。
コレステロールの働き
コレステロールは主に肝臓で作られ、人間の細胞膜の成分であり、動物の体を維持するには重要です。
コレステロールと心筋梗塞
コレステロール値が高いほど心筋梗塞や狭心症が起こりやすい事が判明しており、高めの方は特に注意しなければなりません。
コレステロールと高血圧
データによると、コレステロール、血圧が両方とも高い場合は、高血圧を発症させるリスクが普通よりも3.1倍になる事が分かっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1038

コメントする



このサイトを購読する